濾過(ろか)のお話し

飼育の基本

濾過は魚飼育の基本

魚を飼育する際に、必ず覚えておきたいのが濾過(ろ過)の話である。

 

 

濾過とは、簡単に言えば水をきれいにする事。

魚を飼うと餌や排泄物などで飼育水が汚れていってしまうが、それは魚にとって非常に有害なものになるので、これを無害なものに変えてしまおうというのが濾過の目的だ。

(※実際は硝化なり脱窒なり別な言葉になるのだが、話がややこしくなるので便宜上すべて濾過と呼ぶ)

主な濾過の種類

濾過は大きく下の三種類に分類される。

 

物理濾過

これはその名が示す通り、魚の排泄物や餌の食べカス、ゴミといったものを濾しとる濾過の事を言う。

 

吸着濾過

有機物や有害物質を、活性炭等によって吸着させる事を目的とした濾過。

 

生物濾過

生物濾過とは、飼育水に発生した有毒物質を無害化する濾過のこと。魚の飼育では一番重要。

 

飼育で重となる濾過

水槽飼育では主に上記の物理濾過生物濾過によって飼育水を濾過している。

このうち吸着濾過は、どちらかと言うと応急的に使用する機会が多い濾過なので、普通に飼育する分には使用しなくとも構わない。また、物理濾過は生物濾過を補助するのが主な目的となるので、あまり難しく考える必要は無い。

さて、物理濾過や吸着濾過はすぐにイメージ出来るかもしれないが、生物濾過の方はすぐに理解するのはちょっと難しいと思うので、ざっくりと説明してみよう。

 

生物濾過の役割

簡単に言うと、この生物濾過は

 

アンモニア(猛毒)→亜硝酸(毒)→硝酸塩(ほぼ無毒)

 

というような流れで濾過を行っているが、何故このように有害物質が変化していくのかというと、バクテリアと呼ばれる細菌類が水槽内で繁殖することにより、有害物質を無害化させているというわけ。

で、バクテリアは言わば微生物なので、この一連の流れを「生物濾過」と呼んでいるのだ。

ちなみには水槽で発生するバクテリアは二種類あり、アンモニアを亜硝酸に変えるバクテリアはニトロソモナス、亜硝酸を硝酸塩に変えるバクテリアはニトロバクターと呼ばれている。

ここでちょっと突き詰めて考えると

 

「それじゃ硝酸塩はどうなるの?」

 

といった疑問が生まれてくるかもしれないので、お次はこの硝酸塩について説明してみよう。

 

硝酸塩の毒性は低いが……

この硝酸塩はそれほど毒性が高くない物質ではあるが、水槽内に大量に蓄積されてしまうと、大なり小なり魚へ悪影響を及ぼしてしまうので注意が必要だ。

具体的には餌食いが悪くなる、体表を覆う粘膜にダメージを与える等、直接的ではないにしてもこれが引き金となって病気を誘発したりする事もあるので、無害だからといって放ったらかしにしてはいけない物質とも言える。

ここで先ほどり「硝酸塩は濾過されないの?」といった疑問が生じるのだが、結論から先に言うと、水槽飼育でこれを構築するのは非常に難しい。

一応は、

  • 水草やコケ類の栄養分として分解させる
  • 嫌気性バクテリアによって分解させる
  • 除去する薬品を使う

など、いくつかの方法が知られているものの、どれも「これだ!!」という方法が無いのが現実なのだ。

ここで、なぜ硝酸塩を濾過するのが難しいのかを話してみよう。

 

水草やコケ類の栄養分として分解させる

水草類が分解する量はとても少なく、普通に生体をメインで飼う水槽では、栄養分として分解される量よりも蓄積される量の方が圧倒的に多くなってしまう。水草を大量に入れ、生体をごく僅かに飼育するような環境にすれば可能な事も。

 

嫌気性バクテリアによって分解させる

水槽飼育においては、フィルター等の構造的な問題から嫌気性バクテリアを繁殖させる環境が非常に作りにくい。仮に作れたとしても、システムを維持するのに非常に気を使う。

 

除去する薬品を使う

コストがかかるだけでなく、使用方法を間違えると魚や水質に多大な悪影響を及ぼすことがある。また、飼育する魚によっては使用できない。

 

 

硝酸塩の濾過は難しい

どの方法も条件がかなり限定されてしまうだけでなく、硝酸塩を濾過させるには相応の飼育経験を積み、かつ専門的な知識、スキルを身につけなければならないので、基本的には「濾過できない」ものと捉えておこう。

 

硝酸塩を減らすためにすること

それではどうやってこの「濾過することができない硝酸塩」を無くしていくかと言うと、飼育者の手によって=水換えによって減少させていくしか方法が無いものが現実だ。

だからほとんどの飼育者、ショップ等は

 

「魚の飼育は水換えが大切だ、コノヤロー!!」

 

と口を揃えて言うのである。

つまり、硝酸塩をどう濾過させるかあれよこれよと試行錯誤するよりも、定期的に水換えを行った方がずっと効率よく魚を飼育する事ができるのだ。

もっともこの水換えも色々と注意する点が出てくる。

カルキ抜きや水温調整などなど、ただ単に新しい水を入れれば良いというわけでもないが、これはまた別の機会に話をしてみたいと思う。

関連記事

飼育の基本

Posted by ドン・モフチョ