ろ材のお話し

ろ材の種類

魚の飼育で一番悩んでしまうのがろ材選びである。

星の数と言っては大げさだが、それぐらい数多くの種類があるのがその原因ではなかろうか。また、これは飼育の経験を問わず、飼育者にとって必ずついて回る悩みの種でもある。

以前も記事にしたように濾過は3種類に分けられるが、物理濾過、生物濾過、吸着濾過とそれぞれに対応したろ材を用いる事により濾過能力が発揮できる。

濾過(ろか)のお話し

具体的には以下の通り。

 

物理ろ材

ウールマット、スポンジ類など。

 

生物ろ材

ガラス系、セラミック系の多孔質ろ材 樹脂(プラスチック)ろ材など。

 

 

吸着ろ材

活性炭、ゼオライト鉱石など。

 

 

一番重要なのは生物ろ過

さて、濾過の要となるのは生物ろ過だが、これはバクテリアの数によって濾過能力の強弱が決定する。

つまり、バクテリアを繁殖させるスペースがあればあるほど濾過能力がアップする事になるのだが、水槽飼育ではそのスペースには限界があるので、効率よくバクテリアを繁殖させるために生物濾過用のろ材を用いる事が多い。

具体的に言えば、表面がざらざらしているもの、無数の穴が沢山開いたもの等、表面積の多いものを使用するのが良しとされる。また、ろ材によってはその表面積を明記し、その数値をウリにするものもある。

単純に考えると表面積が多いほど濾過能力がアップすると言うことになるので、この表面積=濾過面積があるほど優れたろ材ということになる。

ただし魚を飼育する以上、ろ材は目詰まりを必ず起こしてしまうものなので、初期の数値が長期にわたり持続するものとは考えにくい。これがろ材選びが難しいと言われる所以である。

モフチョもこのろ材については試行錯誤を繰り返しているが、以下からは経験から得たろ材選びのポイントなるものをまとめてみたいと思う。

モフチョがろ材を選ぶ際に重視するのは

  • 水質に悪影響を与えない
  • 持ちがいい(崩れにくい)
  • 目詰まりを起こしにくい

この3つ。

これさえ満たしていればどんな材質の物であろうとろ材としての役割を果たす。

バクテリアなんてものはどんな場所にも繁殖するのだから、物理濾過で使用するウールマットやスポンジ(抗菌作用のあるものを除く)でも生物濾過を行う事は十分可能なのだ。

次にそれぞれのろ材の特徴を大まかに述べてみよう。

 

ウールマット

濾過面積があるので生物濾過としても強力な能力を発揮する。コストは掛からないが、すぐに目詰まりするうえ耐久性が無いので、長期的に見ると生物ろ材としてはあまり向かない。

 

スポンジ、ウレタン

ウールマット同様の濾過能力があり、製品によっては何度か繰り返し使える程度の耐久性がある。

目詰まりを起こしやすいのが難点だが、それさえクリアできればかなりの能力を維持することができる。

 

セラミック系多孔質ろ材

表面積もあり、非常に耐久性が優れているので生物ろ材として最も適しているが、導入時にややコストが掛かるのが難点。

 

ガラス系多孔質ろ材

セラミック系同等の能力があるが、とても崩れやすい粗悪品が多数出回っている点に注意。また、製品によっては水質を著しくアルカリ性に傾けてしまう点にも注意したい。

 

樹脂製ろ材

半永久的に使用できる程の耐久性がセールスポイント。

上記のろ材に比べると濾過面積が少ない分濾過能力はやや劣るものの、目詰まりによる濾過能力ダウンがほとんど無いので、長期飼育にはうってつけのろ材と言える。

 

まとめ

どのろ材にも一長一短はあるが、この中で一番バランスが取れているのはセラミック系の多孔質ろ材だろう。

 

ろ材選びにいろいろ迷ったら、まずはこのろ材を選択すればハズレる事はまず無い。これにもいろいろな形状のろ材があるが、リング状のものが目詰まりしにくいのでオススメだ。

さてこのセラミック系ろ材。モフチョもメインのろ材として長らく愛用しているが、濾過面積を稼げる分濾過能力は高いものの、目詰まりするとの観点から、初期能力を保ったまま持続するかと言うと実際はそのようにはあまり感じていない。

ほぼ同じ形状のもので濾過面積のみ異なる製品もあるが、使い込めば使い込むほどハッキリとした差は無くなるように感じている。

そこで最近目を付けたのが樹脂製ろ材の存在。

→フジノスパイラル 

 

現在進行形の話なのでまだ断言は出来ないが、今の所ろ材としては申し分無く機能している。軽量かつメンテ性に優れている点も非常に魅力的だ。

また、なんと言っても半永久的に使用できるメリットは計り知れない物がある。導入時に少々コストが掛かっても、長い目で見ればこちらの方がはるかに財布に優しくなるからだ。

ろ材の持つ単純な濾過能力ではなく、その維持能力と耐久性を考えた場合、この樹脂製ろ材はとても飼育に適したものだと認識しつつある。

ただしこれは、既に立ち上がった水槽に追加して使用した事が前提となっている。まだまだ検討する余地は沢山あるだろうから、このろ材の話はこれで終わらせる事無く、何か発見があれば逐一記事にしてみるつもりだ。

飼育の基本

Posted by ドン・モフチョ