アデックスエアーポンプX202、稼働

アクア用品レビュー

いよいよアデックスエアーポンプを稼働させた。

 

 

使用するのはクラウンローチ、金魚・フナ、エビの各種水槽。

それらの水槽では個別にエアーポンプを稼働させていたわけだが、果たして3ついっぺんに賄えるかどうかがポイントだった。

さて、今まで使用していたエアポンプとスペックは以下の通り。(いずれも50Hzでのもの)

 

水心SSPP-3S 水心SSPP-7S アデックスX202
最大排出量 2500cc/分 2000cc/分 2000〜3700cc/分
圧力 14KPa 9KPa 20KPa
消費電力 2.8w 2.5w 4.5w

 

単純計算しても、水心シリーズを3台稼働させるよりアデックス1台の方がずっと消費電力が少なくて済むし、パワー面についても十分すぎるほどの数値である。

で、各種水槽の分配方法だが、

  • 1口目→エビ+クラウンローチ
  • 2口目→金魚・フナ

と分けて使用することにした。

ここでクラウンローチ水槽のカッパのエアストーン画像を参考に比較してみたい。

水心SSPP-3S

アデックスX202

 

単純比較したかったので、エビ水槽と分配する前の状態を撮影してみた。

新品であることを考慮しても明らかにアデックスの方がハイパワー。エビ水槽と分配しても以前と同様の状態を保てるので、なんなく稼働させることができた。金魚水槽の方もよりパワフルに投げ込みフィルターを稼働させてくれている。

パワー面については申し分無し。後は静粛性が気になるところだが、これだけのパワーがあるものなので、群を抜いて静かなわけでもない。

こればかりは感覚的なものになってしまうが、手元にあるエアーポンプと比較すると

  1. 水心SSPP-2S
  2. アデックスX202
  3. ニッソーHPα10000
  4. 水心SSPP-3S
  5. 水心SSPP-7S

こんな順位になるだろうか。少なくとも耳障りなほど煩くはないと思う。

というわけで、衝動買いしてしまったアデックスX202。こいつはモフチョが想像する以上の優れものだった。

 

 

各種消耗品、パーツもメーカーに直接注文できるので、これからも末永く愛用してみたいと思う。

関連記事