ブラインシュリンプを湧かす

アクア用品レビュー

ブラインシュリンプを湧かせるのに使った器具はこれ。

 

 

画像左の『ハッチャー24』というやつ。手っ取り早く確実に湧かすため市販品を使った。

 

また、ブラインシュリンプエッグの方も、手っ取り早くソルト入りという奴を使ってみた。

で、プラケースに水を張りヒーターを28℃にセット。その中にハッチャー24をぶち込んだ。

 

プラケース内もエアレーションさせる

 

この市販品の良い所は、細かい事をあれこれ考えずに使える所。ズボラなモフチョにとって、これは有り難い(笑)

そして湧かしたブラインは、一旦取り出し、小さいプラケースに移す事にした。

 

奥のプラケースにステルバイの稚魚がいる

 

ステルバイの稚魚だけでなく、メダカの稚魚もタイミングよく産まれたので、それほど無駄にはならないはず。余談だが、余りそうになったブラインは小型魚水槽の魚達のおやつにしている。

まるで管理する水槽が増えたかのような感じだが、これはこれでまた一興である(笑)

関連記事