やっぱり食い付きは良かった

アクア用品レビュー

やっとの思いで手に入れたセラのプランクトンタブズ。食い付きはやはり良好だ。

 

 

まずは第1コリドラス水槽に投入。

こちらの水槽のコリ達はそれほど警戒心が強くなく、給餌の時間になると、すぐに「もふもふっ」と前面に出てきてくれるのだが、さすがにカメラを向けると逃げてしまう。

……が、この餌を与えるときは一心不乱にもふるせいなのか、警戒心がやや薄れる模様。

 

警戒心の強い最長老、ジュタイもこの時ばかりは我を忘れる(笑)

 

それだけ餌に夢中なのだろう、餌が無くなった後も、しばらくの間はその場から離れないでもふってくれる。

続いて第2コリドラス水槽に投入すると、こちらも第1コリドラス水槽同様、どこからともなくコリ達が姿を現す。

代用として与えていた「ひかりクレストディスカス」ではこうはいかなかったので尚更だ。(この餌も良い餌ではある)

 

水槽前面に出てきたコリ達
餌が無くなってからも無心にもふっている

 

まず、こちらのコリ達の撮影は非常に難しい。

SLN系のコリはSN系のコリよりも警戒心が強く動きも素早いので、水槽の前でじっと息を殺しながら待機しない限り、いい写真は撮れない。それがこの餌を与えると、第1同様にコリ達の警戒心が薄れるので、撮影がとても楽になる。

そんなわけで、これからはもっと激しくもふるコリ達を撮影することができるかもしれない。モフチョがめんどくさがりやな一面を見せなければ(笑)

 

 

いやはや、改めてこの餌の食い付きの良さに感心した。テトラ・コリドラス(旧製品)並に良い餌である。

関連記事