プレコハウスはクラウンローチに好評

アクア用品レビュー

今あるシェルター類ではやや手狭になったので、新たにプレコハウスをチャームでポチった。

 

 

ちなみに今回ポチったのはこれ。

 

 

このプレコハウスはMサイズ表記ながらも大きいのが特徴。これならばモフチョ家の古参クラウンローチもすっぽりと収まってくれるはずだ。

で、早速水槽に入れてみた。

 

 

早くも興味津々なクラウンローチ。

ただ、いつもの寝床と明らかに様子がおかしいので、ちょいと中に入るのをためらっている様子。とりあえずそのまま入れっぱなしにして、水換え時に中の様子を見てみることにした。

そして水換え当日を迎え、新しいプレコハウスを取り出してみた。

 

これはなかなか良い詰まり具合である。

ただ、こうしてチビ達に占拠されてしまったのか、肝心の古参クラウンローチは入っていなかった。

それでもそのうち入るだろうと、再びプレコハウスを設置して様子をみることに。

 

 

こうして見ると、生体の姿がまるで確認できない。何の情報もなしにこの画像を見た人は「この水槽には何がいるんだ!?」と思うはず(笑)

ま、ここはそういう水槽だから仕方ない。消灯後はちゃんと姿を見せてくれるのだが……。

やはり、クラウンローチにはサイズに合わせたシェルターが必要。各々がストレスなく過ごせるよう注意を払いたいものだ。

関連記事