大晦日の過ごし方

大晦日、どんな過ごし方をするのかは人それぞれ。

 

この光の正体はガラス細工の蓄光サンゴ

 

モフチョ家の場合、年末年始は家でのんびりとすることが多い。魚の世話があるのも理由の一つ。単に出不精といえばそれまでだが(笑

ちなみにブログには書かなかったけど、実は12月に入ってとても辛い出来事が起こってしまった。だから今年の年末年始は自粛という意味もかねて、お祝い気分を控え、自宅でゴロゴロ過ごす事に決めている。

ところでモフチョ家にはテレビなるものが無いので、紅白とかこの時期ならではの番組も見ないで過ごす。今に始まった話では無いのだが、かれこれ4年はテレビと縁が無い生活を送っている。

そうなると時間の潰し方が問題になるのだが、ここぞとばかりに魚達を眺める事にした。今年は新しい水槽の立ち上げや沢山の魚達を迎えたることができたので、それに困る事は無い。これはこれでとても充実した時間なのだ。

そんな中、ふと先日立ち上げた小型魚水槽2に怪しく光るものを発見した。冒頭の画像がそれ。奥方が入れたガラス細工の蓄光サンゴ。これを見て、本当にいろんな事があったなと感じた。

そして「来年はどんな一年になるのだろうか」「どんな魚との出会いがあるのだろうか」と、沢山の夢と妄想とを膨らませ、新年を待ち構えている。
それでは良いお年を!

モフチョの戯言

Posted by ドン・モフチョ