コリドラス水槽メンテ&小型熱帯魚水槽撤去

コリドラス水槽のメンテナンスをするついでに、小型熱帯魚水槽を撤去することにした。

 

昨秋、小型熱帯魚水槽が白点病に襲われ、この時かなりの魚たちを死なせてしまったわけだが、この一件以来「これ以上この水槽に魚は増やしたくない……」といった気持ちが生まれたからである。

白点病が突然小型熱帯魚水槽を襲ってきた……

白点病騒動はかなり前に完全に沈静化しているが、問題はこの魚達の行き先……とは言っても投入できるのは第1コリドラス水槽ぐらいだろうから、全てここに移すことにした。

 

 

せっかくなので数を数えつつボウルに掬うと、3匹いるはずのブラッククーリーローチが2匹しかいないことに気づく。知らないうちに死んでしまったとは……。コリドラスピグミーも5匹しか生存していなかった。

ただ、こちらはいたって元気。

 

 

そう、あのチビプレコである。

 

 

20年以上細々と繁殖を繰り返しているミニブッシー。

いい加減血が濃くなっているので孵化してもうまく育たないケースが多くなってきたが、この個体は無事に育ってくれることだろう。

また、小型熱帯魚水槽でこんなものを発見した。

 

 

見たこともない水草。シャワーパイプを押さえるキスゴムから生えていた。

そのまま捨てるのは忍びないので、こいつも一緒に引越しさせてやることにした。それにしてもなんなんだろうか、この水草は?

そんなわけで引越しは滞りなく完了。

 

 

寂しくなるのかなと思いきや、その分第1コリドラス水槽が賑やかになってくれたので、これはこれでいい感じになってくれた。

さて、この空になった水槽は外飼いのプラ船と交換する予定でいる。

こちらは来月上旬をめどに引越し作業をするが、その模様はもふっコリひょうたん島 錦鯉と金魚の方で記事にしたいと思う。

最後に、コリドラスのフィルターの様子を。

 

 

相変わらずの汚れ具合だった(汗)

よく読まれている記事

モフチョの戯言

Posted by ドン・モフチョ