激安通販店で買ってみた

モフチョの戯言

今日は、先日引越ししたプレコ・クラウンローチの各水槽に迎え入れる魚が届いた。

 

プリプリに肥えたクラウンローチ。状態は良好だ

 

今回も全て通販での購入。通販では「◎ャーム」から買う事がほとんどだったが、今回はモフチョ家から遠く和歌山にある「◎ォレスト」という別な通販店で買ってみることにした。

なぜこの店を選んだかと言うと、とにかく生体の値段が安いから。

種類はさすがに◎ャームほど豊富ではないが、下手をすれば1匹分の値段で5、6匹ぐらい買えたりするような価格設定なのである。死着保証が無かったり、送料が必ず発生するといったデメリットはあるものの、それをさっ引いてもかなりのお買い得感はあるように思う。

問題なのは、どういった状態の生体が届くかということだが、某掲示板を見た限りでは悪くはなさそうな雰囲気。いや、良い話の方が多く目についたので、これならばと思ってチャレンジしてみた。

まずは冒頭のクラウンローチ。大きさは3〜4cm程度のものが3匹で420円。この値段だと、店によっては1匹も買えないんじゃなかろうか。

気になる状態は申し分無く、肉付きも良い。しっかりと管理されていた様子が伺える。
次いではこれ。

 

 

レッドライントーピードバルブという魚。

大きさは4cm前後、5匹で2030円。最大で20cm程度になる中型バルブで、ちょっと前まではかなり値の張る魚だったらしい。

その当時の値段は知らないが、今の値段をざっと調べるてみると、今回と同じくらいの大きさのものが1匹1000円〜2500円程度で売られている所が多かった。

あまりの値段の違いに「同じ魚かよ!?」と思ったけど、全くもって同じ魚だった(笑)

そして最後はこれ。

 

 

以前、小型魚水槽2に迎え入れたクラウンキリー。これは5匹で320円のところを10匹買ってみた。

まず驚いたのは個体の大きさ。以前はシラスよりも小さい稚魚のような個体が届いて面食らってしまったのだが(◎ャームで購入。ちなみに当時の値段は4匹で1000円)、今日届いたのは皆その倍以上のサイズ。

雄は奇麗に発色しており、ガリガリに痩せこけた個体も見かけない。以前迎え入れた4匹のうち2匹が早くも死んでしまっただけに、ちょっと胸を撫で下ろした。

ものは試しで購入に踏み切った今回の新顔たちだったが、どれも状態良く無事に届いてくれた。到着時の水温がかなり低かったが、これは時期的な問題だから仕方の無いことだろうし、それでも死ぬ事無く皆元気だったのは、普段の管理が行き届いているという証拠だろう。

後は何事も無く、それぞれの水槽に馴染んでくれる事を祈るだけである。

関連記事