軽〜くメンテ

モフチョの戯言

土日は各水槽のメンテに追われる事が多いが、先週に一通りの水換えを行ったので今日は軽めにメンテを済ます事が出来た。

 

 

今日の水換えはアロワナ水槽B、小型魚水槽、コリドラス水槽のみ。いずれもプロホースのザクザク無しで1/2ほどの簡単な水換え。

特に汚れている様子は無かったが、アロワナ水槽Bは青水が相変わらずの状態だったので水換えをすることに。他のはついでといった具合だ。

それとクラウンローチ水槽とプレコ水槽のウールマット交換をした。

 

 

やはりプレコのいる水槽はマットの汚れが著しい。

ちなみに上の画像はクラウンローチ水槽のものだが、一週間でこれぐらい汚れるといった感じで、以前に比べれば随分とマシになった。ちなみに下は交換後のものである。

ところでモフチョ家の場合、水質チェックはあまり頻繁には行わない。

それほど飼育の難しい魚を飼っているわけでもないので、水質のチェックは魚の状態を見てから行う事がほとんど。

また、そこで調子が今ひとつと判断できた場合、水質チェックよりも先に水換えをする事の方が圧倒的に多いのである。

 

左から塩素チェッカー、亜硝酸試薬、硝酸塩試薬、総合試験紙、pH計、TDSメーター

 

これらの試薬等も、簡単に計測出来るpH計こそ頻度が高いもののそれ以外はあまり出番が無い。

ただ、新規で水槽を立ち上げる時には必要なものであるし、不測の事態にも対応しなくてはならないから一応最低限のものは用意している。(ちなみに画像には写ってないが、アンモニア試薬と総合試験紙(テトラ6in1)は使い切ってしまい、今は手元に無い状況だったりする・汗)

 

・・・と、実にいい加減なものに聞こえるかも知れないが、水質チェックを疎かにしてもいい、といった事を話しているのではないので誤解の無いように。

水質もそうだが、それ以上に魚の状態のチッェク、そして水換え等のメンテを定期的に行う事の方がはるかに大切なのである。

関連記事

モフチョの戯言

Posted by ドン・モフチョ