お役御免

モフチョの戯言

小型魚水槽で使用しているライトの調子が悪くなった。

 

 

接触が悪いのか片方のライトが点いたり消えたりする。一年ほど前からこんな症状が現れたが、今年になってから顕著に現れるようになった。

考えてみればこのライトは使いはじめて今年で丸十年。単に劣化しただけのような感じ。

配線類を新品にして新たにハンダ付けでもしてやれば復活しそうな気もしたが、そろそろお役御免の時期だろう。それに照明器具なので下手に弄るわけにはいかないだろうし、思い切って新品を購入する事にした。

そして先週、たまたま某通販店を見た所、ニッソーの『フラットインバーターライト600』なるものが安売りされていたので、こいつを購入する事にした。

 

 

小型魚水槽の枠(グレー)と似たような色だったので、黒いものよりは釣り合いが取れるだろうということが一番の選んだ理由だが、以前のライトよりもかなり薄いので、見た目が随分とスッキリした感じになった。

蛍光管自体は新しいものに替えたばかりだったので、付属していたものと交換してそのまま使用することに。肝心の明るさだが「気持ち明るくなったかな?」といった程度で劇的な変化は見られず。まあ蛍光管が同じなのだからそんなものだろう。

こういった器具類を新しくするとつい「生体も欲しいなぁ・・・」なんて気持ちになってしまうから不思議。さて、次の新しい魚の迎え入れはいつ頃になるのだろうか!?

関連記事

モフチョの戯言

Posted by ドン・モフチョ