水作の森美術館(仮)

結局、シルバーアロワナ亡き後の150cm水槽は鯉を入れる方向で話がまとまった。

ただ、外部フィルターで鯉を飼うとなると物理濾過の面でやや不安を感じたので水作を迎え入れてみた。ただ、この水作はひと味もふた味も違うものだった。

 

 

何が違うのかと言うと、水作シリーズで最も大きい「水作ジャンボ」をチョイスしたのである。

 

 

冒頭の画像ではその大きさが伝わりにくいかもしれないが、タバコと比べると

 

 

こんな感じ。

で、水作エイトSと比べると、

 

 

こんな感じ。感想はとにかく「デカい!」の一言に尽きる。

ちなみに500mlのペットボトル比では

 

 

こんな感じ。

これはフィルターと言うよりもオブジェに近い。どこぞやの美術館に展示されていたとしても、何の違和感も感じない。

さて、肝心の水槽に仮置してみた。

 

 

・・・別に、水作を飼おうとしているわけじゃないのだが(汗

ところで鯉達の引っ越しだが、今週中に行う予定。どんな水槽になるのか今からとても楽しみだ。

 

モフチョの戯言

Posted by ドン・モフチョ