松かさ病を患った玉錦、死す

病気と治療

松かさ病を患った玉錦の『ニタマ』が死んでしまった。

 

在りし日のニタマ

 

薬浴を開始してから5日目の深夜の出来事。症状は改善されるどころか悪くなる一方で、最後は転覆したまま息も絶え絶えになり、そのまま死んでしまった。

 

薬浴開始翌日の状態

 

0.5%塩浴とグリーンFゴールドリキッドの薬浴で様子を見守るも、鱗はどんどん広がるばかり。

そして3日目にヒーターを導入して水温を22℃に固定し、4日目にエルバージュの薬浴に切り替えたものの、その時点で腹部のあちこちに内出血が見られ、もう手の付けられないような状態に陥ってしまった。

迎え入れてから5ヶ月目の早すぎる死に、モフチョ、クサ子共にさすがにショックの色を隠しきれない。元々弱い個体だったのかも知れないが、飼育技術の未熟さを思い知らされる結果となってしまった。

ニタマ、本当にすまない。どうかあの世でもお元気で……。

関連記事

病気と治療

Posted by ドン・モフチョ