コリの戦い

「間違いない。そいつは使徒イカリムシだ」

出典:youtube.com

 

何も変わらない日常だったが、ガラナの背びれに異変を感じる。

 

ドン・モフチョ「スレ傷!?」

 

そしてアルビノステルバイの尾びれに目をやったその時…

 

 

イカリムシを肉眼で確認…そう、あの悪夢が再び襲ってきたのだ。

急いで各コリを確認すると、5匹に1匹ぐらいの割合で1〜2匹のイカリムシが寄生していた。前回程ではないにしても、なんという事態…orz

ようやく良い感じに立ち上がってきたコリ水槽だが、緊急リセットを行った。

 

 

前回同様、装飾品をすべて取り出してコリを隔離する所から始めるが、今回はまずリフィッシュを規定量水槽に投入した後、ジャンボタライにその飼育水を投入。

 

そしてタライの水を約半分に薄め、そこにコリを移していった。

 

 

一度やっている事とは言えすごく複雑な気分。尾腐れが快方に向かったメリニを本水槽へ投入した直後の出来事だっただけに尚更だ。

本水槽は更にリフィッシュを追加投入して1時間程循環させ、器具類と装飾品は熱湯消毒、水草類は全て破棄。繁りに繁ったミクロソリウムが無念…。

ちなみに今回はろ材も全て熱湯で消毒した。

そして水槽を丁寧に洗い流し、器具類を再度設置する。

 

 

ここまで約3時間半。とりあえずスムーズに事は運んだが…コリ達はまずは様子見。

明日以降は臨機応変に対処していく。

よく読まれている記事

病気と治療

Posted by ドン・モフチョ