イカリムシ殲滅!!

病気と治療

「勝ったな」

「ああ」

出典:youtube.com

 

新年早々からとんだ騒動に巻き込まれたコリドラス達。すぐにイカリムシ殲滅作戦を決行したが、今回は前回よりもやや長めに薬浴をさせた。

 

 

時間にしておおよそ40時間。タライを覗くと、さすがに色抜けしているコリが目立つ。

まず、イカリムシに寄生されたコリをプラケースに移し、その忌わしき姿をチェックすることにした。

 

 

ここで選んだのはアルビノステルバイとレティキュラータス。薬浴前にイカリムシを目視できたコリ達である。

さすがにここまで時間をかければ、イカリムシのイの字もみかけない。この分なら他のコリに寄生してる事はまず無いだろう。ミッションコンプリートである。

余談だが、今回の薬浴はリセットした本水槽にリフィッシュを規定量の半分ほど投入し、その水をタライの水換えの際に使用した。

 

 

徐々に薬の濃度を薄めつつ、そして水合わせをしつつ、コリへの負担を減らすように心がけた。

ここで一番気をつけたのはリフィッシュの使用量。

 

 

この薬は本来、池飼いの金魚や鯉に対して使用するもの。説明書では水量160L(90規格)の使用量からしか明記されていないが、それだけ薬の強さが際立つと言う事なので、一つ間違えばコリが全滅する可能性がある。実際に全滅させてしまったという話もあるとか・・・。

それと元々農薬の薬らしく、水草への使用は厳禁とされている。

規定量は160〜180Lで添付さじ半分(約1g)。タライには40Lの水があるから規定量は添付さじ半分の4分の1となるが、これは金魚、鯉に対しての量だろうし、薬に弱いコリドラスに対しては規定量を使うべきではないと思う。

それに金魚や鯉に寄生するイカリムシよりも、コリに寄生したイカリムシはずっと小さいので(糸くず程度)ごく少量でも効果はあると見込み、規定量の半分、添付さじ半分の4分の1をさらに半分(目分量だが・苦笑)にして使う事にした。

また、リフィッシュは水に溶けにくいので、タライの水をボウルに汲み取り、そこに薬を入れて十分かき回してからタライへと投入した。

これで魚の移動は完了。お次ぎは水槽のリセットとなるのだが、水槽内の設置物(フィルターのホース類、流木やヒーター等)をそのままにした状態で、添付さじ一杯と多めの薬を入れて循環させる事にした。

この間はフィルターは回しっぱなし。ろ材もそのままにしたのだが、これはリセット後の立ち上げも考慮した上での選択である。

当然、薬によるバクテリアへのダメージも懸念されたが、今回は抗生物質を使う訳では無いので、それほど大きな影響は出ないだろうと判断。要するに、完全駆除よりもリセット後の立ち上げの方に重きを置いた選択をしたのである。

結果としては、ろ材をそのまま使った為リセット後の立ち上がりが早く、コリに対してはそれほど大きなストレスを与えなかったし、イカリムシの再発も無かったので正しい選択をした事になるだろうが、この部分の詰めの甘さが吉と出るか凶と出るかは、その時はまるで推測出来なかった。

より完璧にイカリムシの駆除を目的とするのであれば、ろ材も全て新しいものにするぐらいの覚悟は必要かも知れない。

 

さて、この状態で一時間ほど循環させた後、水抜き作業に入る。

そして本水槽、タライの水を合わせた所でコリを丁寧に掬い上げて投入。ちなみに、この時点でのリフィッシュ投入量は規定量の1/16程度である。

色抜けはかなり目立つが、今回はどのコリもこれといったストレスも無く、元気な模様だ。

 

 

画像には映っていないが、尾腐れ治療が済んだばかりのメリニも元気な様子だったので安心した。

ただ一点、ちょっと心配なコリがいた。それは今年で飼育10年目に突入したパンダ。いつものような元気さがまったく見られず、物陰でじっと佇んでいる様子なのだ。やはり御老体には荷が重かったのだろうか…いずれにしても注意深く見守りたい。

順調に本水槽に投入する事は出来たが、今はほとんど新規立ち上げに近い、言わば濾過が全く効いていない状態なので、前回よりもさらにシビアに観察する必要があるだろう。

 

追記・エビはどうなった!?

トゲナシヌマエビは3匹が残存していたが、こちらは全て小型魚水槽に移した。

 

 

さすがに今のコリドラス水槽には入れる事ができないので、当面の間、いや、ずっとこちらの水槽で過ごしてもらう事になりそうだ。

関連記事

病気と治療

Posted by ドン・モフチョ