青コリとホワイトフィン、同時薬浴

青コリとホワイトフィンに異変が……。

 

青コリの異変に気付いたのは今月初頭

 

まずは青コリ

異変に気付いたのは今月の初めで、右側の頬のあたりがポッコリと膨らんできた。

もう1匹の青コリ(冒頭画像の右側)との比較になるが、こちらはどことなく色が褪せており、当初は奇形の類だと思っていたので、しばらくの間は様子を観る事にした。

 

異変に気付いてから10日以上過ぎたが……

 

ただこの膨らみは、この期間何の変化も見られなかった。

病気であればもっと進行が早いだろうし、これもまた「できもの」か何かの類では無いかと考えたが、大事を取って薬浴させる事にした。

 

今の所「膨らみ」以外、異常は見られない

 

そしてこの青コリを掬った際、ネットで擦れたからなのか膨らみから血がにじみ出てきてしまった。これもまた、どんな病気なのだろうか謎である。

 

次はホワイトフィン

 

 

右側の目に白い膜が張り、エラ蓋から頭部にかけて肌荒れを起こしていた。エロモナスかカラムナリスか明白な判断は出来ないが、典型的な病気だろう。

この2匹の症状は全く異なるが、同じ治療法を試すので一つのプラケースで薬浴、混泳させる事にした。

 

 

ひとまずは0.3%塩浴と、グリーンFゴールドリキッドを規定量の2/5程度投入して様子見。

幸いにしてどちらのコリも体力は十分にある感じなので、なんとか快方に向かってくれる事を願いたい。

よく読まれている記事

病気と治療

Posted by ドン・モフチョ