薬浴2週間目のゴッセイ

ゴッセイの薬浴を開始してから2週間が経過した。

裂けていた尾ひれは僅かであるが再生し始め、白いただれも幾分面積が狭くなってきたように感じる。

 

 

発見当初は簡単に掬える程弱っていたゴッセイも、ここ数日でコリらしく泳ぐようになったので、本来の元気さを取り戻しつつあるようだが、この間餌はまったく与えていなかったのでちょっと痩せこけてしまった。

今日から薬抜きを開始したわけだが、まず1/2ほどの水換えを行う事に。内訳は新水1/4、本水槽の飼育水1/4。

そして水換え後、赤虫を5匹程口元に落としてみるも反応は無し。軽い拒食を引き起こしているような感じだ。

せっかく快方に向かっているのだから、なんとか餌は食べて欲しいところ。そこで買い物がてら外出することにする。餌に反応しないのは人の気配があるせいかもしれないので、しばらく放っておくことにした。

そして数時間後に帰宅。そっとプラケースを覗いてみると、なんと赤虫が無くなっていた。水作エイトに吸われた様子も無く、知らずのうちに食べてくれたらしい。とりあえずはホッと胸を撫で下ろす。

まだまだ予断を許さない状況ではあるが、ここまできたら全快してほしいと願うばかり。

 

もう1匹のゴッセイ『寸詰まり君』は今日も元気にもふっている

 

寸詰まりゴッセイも1匹では寂しいだろうから、再び、そして一日も早く一緒にもふってもらいたい。

病気と治療

Posted by ドン・モフチョ