青コリ、再度薬浴へ

頬に「できもの」ができてしまった青コリ。ここにきて症状がさらに悪化してしまったようので、再度薬浴させる事にした。

 

 

画像を見れば解るように、「できもの」は範囲を広げただけでなく、その中心部に穴が開いて鰓が露出する様になった。

パッと見た感じでは「穴開き病」そのものだが、進行した過程や患部周囲の状態から判断するに、通常の穴開き病とはやや異なる印象を受けている。

というのも、青コリの異変に気付いたのは8月で、かれこれ3ヶ月はこうしているから。エロモナスにしても何にしても、細菌による感染症のものであればもっと進行が早く、ここまで命をつなぎ止めるはずは無い。となると、これは何なのだろうか?

前回施したグリーンFゴールドリキッド、グリーンFリキッドの薬浴は共に何の効果も無く、何の手だても無いまま本水槽に合流させたが、さすがにこのまま放っておくわけにはいかないので、とりあえずプラケースに隔離し、0.3%程度の塩浴とグリーンFリキッドを使った薬浴をさせる事にした。

幸いにしてこの青コリは餌食いも良く、他にこれと言った問題が無いのが救い。可能性は低いかもしれないが、治癒する見込みはまだゼロでは無いので、今回は思い切った治療をする事も考えている。

病気と治療

Posted by ドン・モフチョ