ドイツ三色の尾腐れ病の様子

病気と治療

突然ドイツ三色を襲った尾腐れ病。薬浴後は順調に回復しつつあるようだ。

 

 

尾腐れ病が回復の兆しを見せたので、薬浴六日目を迎えたところで水換えを敢行。ドイツ三色を含め、他の錦鯉達の調子自体は何の問題もないようなので一安心する。

 

 

そして水換え翌日の状態はこんな感じになった。薬浴七日目のこと。

出血はほとんど無くなり、尾腐れ病の進行は完全に止まった様子が見受けられる。

そして今日の様子がこれ。

 

 

昨日よりもグンと調子が良くなってくれた。

この分なら後は尾ひれの再生を待つだけ。突然の出来事に一時はどうなるかと思ったが、無事快方に向かってくれたのは何よりだ。

この尾腐れ病は比較的進行が早い病気なので、早期発見と適切な治療が大切となる。放置すれば命に関わるケースも珍しくはないので、気が付き次第すぐに薬浴させるのがベターだろう。

さて、今回お世話になった薬はこれ。

 

以前、アルビノ黄金がエロモナスに感染した時にもこの薬に助けられたわけだが、今回の尾腐れ病にも効果覿面だったので、万一の事態に備えて用意しておくと安心だ。

大事に至らなくてホッとしたが、今後もドイツ三色の状態は要チェックしたいと思う。

関連記事

病気と治療

Posted by ドン・モフチョ