コンコロール、本水槽合流

迎え入れからおおよそ一月半。ようやくこの日がやってきた。

 

「ふぅ、プラケース生活も今宵限りよ……」

 

リフィッシュを使った寄生虫駆除薬浴は丸一日で終了。

さすがに色抜けはしたが、心配された薬浴ストレスも受けず無事に乗り切ってくれた。

 

チビの状態は申し分無し
大きい方は今か今かと合流を待つ

 

その後は本水槽の飼育水を使って少しずつ水合わせを行い、頃合いを見てコンコロールをボウルに移動させる。

 

体格差はあれど状態は良好

 

ここで最終チェックを行い、異常の無い事を再度確認してから本水槽に投入した。

再び大きく環境が変わってしまうので、さらなるストレスを受けてしまわないかが心配だったが、当のコンコロ達はこちらの心配をよそに元気一杯にもふってくれた。やはり底床があった方が落ち着くのか、プラケースの時よりもずっとイキイキとしていた。

また、投入後すぐにおやつタイムを迎えたわけだが、早くから赤虫に慣らせていたせいもあり、戸惑う事無くすぐに食べてくれた。この分ならそう時間はかからず馴染んでくれるだろう。

あまりの状態の悪さに、馴染む以前の問題と頭を抱えたりもしたが、これでようやく枕を高くして寝られそうだ。

よく読まれている記事

病気と治療

Posted by ドン・モフチョ