アロワナの鰓めくれ治癒

病気と治療

青水の方はまだ変化無しといったところだが、グリーンアジアアロワナの鰓めくれがほぼ治ってくれた。

 

 

前の時は半年ほどで完治したが、今回はその様相がいくぶん異なったので2年弱ほど費やした計算になる。

冒頭の残念な画像では確認出来ないが(汗)、向かって左側が実際にめくれてしまった箇所。最大で鰓の3/4程度がめくれていたが、今は1/10あるか無いかといった具合にまで回復した。ここまでくれば、もうひと月も経てば完治するだろう。

ちなみに鰓がめくれだしたのは前回の引越し後のこと。今住んでいる前の場所に引っ越してから半年ほど過ぎてから発症した。具体的には2009年の春〜夏にかけてだろうか。

はっきりとした原因は解らないが、今回は環境変化によるストレスの影響が大きかったんじゃないかと考えている。引越しした事と、自身の成長に伴い水槽が手狭になりつつあった事が引き金になったのだろう。

また、めくれた箇所は前回の時と全く同じ場所なので、ある意味「癖」みたいなものがついていたのかもしれない。なにせ水流が当たる度に、鰓を「ひらひら」とさせていたぐらいなのだから。

この鰓めくれの対処は手術しか無いと思い込んでいたが、某ショップにて馴染みの店員さんから話を聞いたり、モフチョ自身で色々調べたりしたところ、自然治癒するケースも結構あるらしいとか。

もちろんその程度にもよりけりだろうが、実際二度とも何もせずに治ったのだし、実はシルバーアロワナも同様に治癒した経緯があるので、大げさな事をしなくてもなんとかなってしまうものだと考えている。

で、この自然治癒を目指す場合のポイントを簡単にまとめると

  1. 環境(水槽サイズ)を変える
  2. 水換えと給餌を多めにして、代謝を良くする
  3. 水流の見直しをする

ぐらいなもの。当たり前と言えばそうだが、自然治癒だけに基本的に魚には少しも触れない。

参考までにモフチョ家のケースを挙げると

  • シルバーアロワナ(治癒まで半年)→水流を強める 水換えの頻度を上げる
  • グリーンアジアアロワナ(1回目・治癒まで半年)→何もせず
  • グリーンアジアアロワナ(2回目・治癒まで2年弱)→水槽サイズをアップし水流の向きを変える(水流を弱める)

といった具合。

自然治癒と言うだけあって完治までかなりの時間を要するし、かといって治るといった保証も無いので、これらは飼育者自らで判断していただきたい。

関連記事

病気と治療

Posted by ドン・モフチョ