各水槽の水質チェック(前編)

たまには水質チェックをしてみようと思った。

 

 

モフチョ家では基本的にはこういったチェックはあまりせず、魚の状態から判断する事がほとんど。新規に立ち上げた時や、何かトラブルがあった時は週一でチェックする事もあるが、年に数回程度、気が向いた時にしかしか行わない。

ただ、それじゃあまりにもいい加減すぎるだろうし、ズボラなモフチョも一応は水質管理をしているんだぞ、と言う事で今回は前水槽の水質チェックを一斉に行った。

いつも使用しているのは「テトラテスト6in1」。

 

硝酸塩、亜硝酸、総硬度、炭酸塩硬度、pH、塩素チェックが一度に行える試験紙。

pHに関しては今ひとつ精度がよろしく無いようだが、他の値についてはまずまず精度が出るという事で、それなりには信頼出来るシロモノといえるだろう。

チェックしたのは水換え後2週間目。ちょうど水換えを行うタイミングでのものだ。

 

 

テスト項目は左から硝酸塩、亜硝酸、総硬度、炭酸塩硬度、pH、塩素の順で、各水槽は上から

  • 錦鯉水槽
  • プレコ水槽
  • 小型魚水槽
  • クラウンローチ水槽
  • 金魚・フナ水槽
  • アロワナ水槽
  • コリドラス水槽
  • メダカ水槽

といった順になっている。

当たり前の事だが、全て立ち上がった水槽なので亜硝酸の数値は全てゼロ。硝酸塩については、錦鯉、金魚といった水を汚す魚の水槽は比較的高くなるのは仕方無いにしても、コリドラス水槽が他の熱帯魚水槽より若干高めなのが気になった。

その他については、錦鯉、金魚・フナ、メダカの各水槽の総硬度が高めになっているが、これはカキ殻を使用しているため。水質が酸性に傾くと、中性に保とうとカキ殻に含まれる石灰質やミネラル分が水中に溶け出すので、このように自ずと硬度が高くなってしまうのである。

水質についてはこれといった問題は無し。ついでにpHも調べて観る事にしたが、続きは後編にて。

よく読まれている記事

お役立ちネタ

Posted by ドン・モフチョ