各水槽の水質チェック(後編)

前編の続き。気になるpHはこんな感じだった。

 

使用したのは電子計測タイプのpH計

 

こちらも水換え後2週間の数値をチェックをし、さらに水換え直後の数値も調べてみる事にした。ちなみにこの時の水道水のpHは7.3、換水量は概ね1/2である。

錦鯉水槽 5.5→6.8
プレコ水槽 6.5→7.2
小型魚水槽 6.6→7.1
クラウンローチ水槽 4.5→6.8
金魚・フナ水槽 6.8→7.0
アロワナ水槽 3.8→6.7
コリドラス水槽 4.2→6.5
メダカ水槽 7.5→7.7

水換え前のチェックでは、錦鯉、クラウンローチ、アロワナ、コリドラス水槽のpHが低い事に気付いた。

いずれも通常通りに水換えを行っていれば問題は無いのだが、錦鯉、アロワナ、コリドラス水槽については以下の通り見直しを図った。

 

錦鯉水槽

pH低下の原因はここ一年で魚が大きく成長し、それとともに糞の量が増えてしまったため。また、カキ殻の効力が無くなりつつあると思われるので、フィルター清掃を行った後、新しいカキ殻を今までのよりも多く(約2倍)投入する。

アロワナ水槽

pH低下は毎度の事で想定内。ただ4.0を切る事はあまり無かったので、ろ材を一部見直しする。

コリドラス水槽

やや下がりすぎな印象があったものの、想定した範囲の数値。錦鯉水槽同様に生体が成長した事と、給餌量が増えた事が原因のよう。アロワナ同様、ろ材の一部見直しをする。

 

いずれも、水換えをサボらなければこれまで通り問題無く維持できるのだが、今回はこんなものを使ってみる事にした。

 

 

物入れの片隅に眠っていた、パワーハウスハードベーシックM

 

引っ越し時に金魚用にと買ったものだが、ここまで全く出番のなかったろ材だ。

長期にわたり安定稼働しているプレコ、金魚・フナ、小型魚の各水槽は、全てフジノスパイラル+セラミックろ材といった組み合わせ。

そもそもセラミックろ材の性能の高さは、今まで使用してきた経験からも折り紙付きだし、置き場所にも困っていたのだからこれを使わない手は無い(笑)

また、このろ材は微アルカリ性タイプのろ材。聞けば大型魚やディスカス等、pHが下降しやすい魚の飼育にも使われるとか。まさに今回のケースにはうってつけのろ材かもしれないが、そのpH云々については気休め程度として考えている。

 

 

まずアロワナ水槽でこのろ材を使用したわけだが、アロワナ水槽で使用しているフィルター、エーハイム2078は4つのろ材バスケットから構成されている。

今までは全てのろ材バスケットにフジノスパイラルを投入していたが、そのうち1つをパワーハウスベーシックMに交換した。

その順番は以下の通り。

  1. フジノスパイラル13サイズ
  2. フジノスパイラル13サイズ
  3. パワーハウスハードベーシックM
  4. フジノスパイラル10サイズ

ついでに、2078と同じく4つのバスケットから構成される、コリ水槽の2075の一台もこんな感じにろ材を変更した。

こちらはろ材量の関係から一台のみの変更となっているが、時期を見て両方とも同じ構成にする予定だ。

よく読まれている記事

お役立ちネタ

Posted by ドン・モフチョ