水槽内の溶存酸素量を増やす

お役立ちネタ

 

以前、コリドラスを飼育する上で注意したいのは高水温ではなく溶存酸素量と説明したが、今回はどうやってこの溶存酸素量を意識的に増やすのかを話してみたいと思う。

基本はエアレーション

まず一番先に思いつくのはエアレーション、いわゆる「ブクブク」だろう。

 

エアーポンプから水槽内に空気を送り込むことで、溶存酸素量を増やそうってシロモノだ。

さてこのエアレーション、実際は空気を送り込むことではなく、その泡がはじけた際にできる水面の「ゆらぎ」や、水槽内に適度な水流が作られることで酸素を取り込んでいる。

もちろんブクブクの泡からも酸素は溶け込むのだが、その量はそれほどでもない。意外とこの辺話は勘違いしている人が多いんじゃないだろうか。

つまり、飼育水がどれだけ空気と触れ合っているのかが重要なわけで、空気に触れる面積=表面積が広ければ広いほど酸素は取り込みやすくなるのである。

 

満遍なく酸素を行き届かせるには

エアレーションで肝心なのは、溶け込んだ酸素をいかに水槽全体に行き届かせてやるか、ということ。

そこで先に話した水流が重要となってくるのだが、そのイメージはこんな感じ。

 

シャワーパイプで調整
水流のイメージ

 

水槽飼育では主に水面から酸素を取り込んでいるが、それを水流によって絶えず循環させてやると、より酸素が取り込みやすくなり、結果として溶存酸素量も増えるのである。

 

水流が与える生体への影響

先に述べた理屈だと、エアレーションと水流は強ければ強いほど溶存酸素量が増えるという話になるが、そうなると今度は生体への影響も考えてやらなければならない。

 

 

例えばコリドラスのようにある程度の水流を好む魚ならば、少々エアレーションと水流を少々強めにしたところで何の問題もないが、これを苦手とする魚を飼育している場合や、水草を植えている場合はそう簡単にエアレーションと水流を強めることはできない。

 

冷却ファン・クーラーの使用

そこで必要になってくるのは、冷却ファン水槽用クーラーの存在だ。

 

 

 

溶存酸素量というのは水温上昇と反比例の関係にあるので、水温上昇による酸欠を防ぐためにこれらを使用するというわけだ。

 

まとめ

ただ、先にも話したように、コリドラスメインの飼育であればエアレーションと水流をちょいと工夫するだけで十分な酸素を取り込むことができる。

もちろん、ちゃんとしたフィルターを使用し、過密ではなく適正数を飼育していることが前提となるが、水温に関してはそれほど敏感になる必要はない。

溶存酸素量を増やすためには、適切なエアレーションと水流作りをしてやるのが基本中の基本。冷却ファンや水槽用クーラーの使用は、そうする事が困難な場合に使用するものと捉えておこう。

関連記事

お役立ちネタ

Posted by ドン・モフチョ