電力自由化後、実際の電気料金はどう変わったか?

お役立ちネタ

 

モフチョ家では4月の電力自由化の際、思い切って電力会社を変更してみたのだが、実際にどのくらい安くなったのかを話してみたいと思う。

契約したのはENEOSでんき

モフチョが切り替えたのはENEOSでんき(JXエネルギー株式会社)。契約容量は30A、Aプランの「にねんとくとく割」というプランと契約した。



モフチョ家ではたくさんの水槽を稼働させているので、夫婦二人暮らしのわりにはそれなりに電気は使っている部類に入る。特に冬場の電気はお世辞にも安いとは言えず、相当に家計を圧迫していたりするから大変だ(汗)

そこへきての電力自由化は渡りに船と成りうるのか、いろいろと比較検討したところENEOSでんきが一番安いという結論に落ち着いたのである。

 

東京電力との比較

ただ、実際の電気代がどうなるのかは全くの未知数。請求書が来て初めてわかるというものだが、やっとその料金が比較できたので比較してみた。

6月度請求分

  • ENEOSでんき 9602円
  • 東京電力(昨年) 10760円

なんとこの時点で1000円強も安くなっていたのである。正直、ここまで安くなるとは予想外だった。

 

 

これからの季節はエアコンをフル稼働させることになるが、果たしてどれだけ差が出てくるのかとても興味深いところである。

 

申し込みはWeb上で簡単完結

ちなみに過去の電気料金の比較はENEOSでんきのお客様ページで確認できるのだが、東京電力側のシステムに不具合があるらしく、現時点ではきちんと比較できない模様。(今回は通帳を見て比較した)

これがちゃんと表示されるようになればもっと詳しい数字を載せられるだけに、1日も早く比較できるようにして欲しいものである。(頼むぞ東電!!)

さてさて、このENEOSでんきのメリットだが、やはり電気料金の安さにある。

また、面倒な手続きや申し込みはWeb上だけで完結できるし、スマートメーターへの交換も当然無料。料金形態の複雑な「セット割」は一切ないし、とてもシンプルに電気代を管理できる点は評価できる。ちなみにTポイントも貯まる仕組みになっているのも嬉しい。

強いてデメリットを挙げるとすれば

  • 請求書が届かない(メールでお知らせ)
  • 領収書は自分でプリントアウトする必要がある
  • 供給先の地域が限られる(関東と静岡県の一部)

といったぐらいのもので、供給先地域に住んでいる人であれば、格段不便に感じることは何一つないように思う。

気になった人は、まずはENEOSでんきのサイトにてシミュレートしてみるといいだろう。

【ENEOSでんき】まとめなくても電気代がおトク!

 

関連記事

お役立ちネタ

Posted by ドン・モフチョ