白コリ・段平の稚魚達、その後

先日孵化した段平の稚魚達だが、ちょっと意外な出来事があった。

 

解り辛いが、アルビノ個体の稚魚も写っている

 

最終的に孵化した稚魚は全部で20匹強。初めはアルビノ個体ばかりが目立ったが、比率で言うとアルビノ6割、ノーマル4割といった数字に落ち着いた。

 

アルビノ個体の稚魚(画像奥)は半減した

 

ノーマル個体(アエネウス)と思われる稚魚

 

ただ残念な事に翌日、翌々日と立て続けに1/3ほどの稚魚が死んでしまう。

そして驚いたのは、その死んだ稚魚の全てがアルビノ個体だった点。発育不良というべきか、中には奇形のものも1、2匹ほどおり、明らかに他の稚魚とは異なる感じだったのだ。

基本的にはアルビノ個体は弱いとされているが、白コリに関してはそういった話はあまり耳にしない。

むしろノーマル個体(アエネウス)よりも屈強なぐらいなのだが、稚魚に関してはまた別な話なのだろうか? それともノーマル個体と交配したがために、こんな事になってしまったのだろうか? ちょっとだけ疑問に思った。

ちなみに現在のところノーマルとアルビノの比率はほぼ1:1となっているが、弱々しいアルビノ個体がまだ何匹かいるので、この数字はさらに変わるかもしれない。

 

リシアベースで休む段平。産後の肥立ちも順調のよう

 

とりあえず孵化後3日目から給餌を開始。

いつものように湧かしたてのブラインシュリンプと、今回は冷凍ワムシを与えるようにしているが、果たして何匹の稚魚が残るのか、そしてその比率はどうなるのか、これからも注意深く成長を見守りたい。

よく読まれている記事