12月に迎え入れたコリ達、その後(1)

先月、立て続けに迎え入れた新顔コリ達。今回はその後の様子を…。

 

 

まず、すったもんだがあった上記のワイルド青コリ。さすがは青コリといったところか、投入後ほどなくして馴染む。特に心配な面は無い。

お次ぎはワイルド青コリと同時に迎え入れたホワイトフィン

 

 

見るからに屈強そうなイメージがあったが、その見た目の通り、ドシッと構える場面を何度か目撃。とても新顔とは思えない図太さを見せている(笑)

 

さて、お次ぎはペスカドールで迎え入れたコリ達を。

 

 

上のコリはセミロングノーズスポットバーゲシー。元々の状態が非常に良いこともあり、至って順調に馴染んできている。均整のとれたボディと細かいスポットが上品なイメージを与えるコリだ。

 

お次ぎはジガータスシクリ

 

 

ジガータスはとにかく活発。写真を撮る事が全くできないぐらいに元気(笑) これは運良く、しかもシクリまで一緒に撮れた奇跡に近い一枚だ(汗)

ところで、店主もあまり奨めなかったやや痩せていたシクリだが、

 

上の画像のように日に日に状態が上向き、現在はこんな感じになった。投入翌日こそ臆病な一面を見せていたが、良い意味で体色が濃くなってきている。こうなれば安心しても良いだろう。

 

というわけで、新コリ水槽立ち上げ直後に迎え入れたコリ達は、意外とすんなり投入する事ができた。

この後にも迎え入れたコリ達はいるのだが、こちらは明日にでも紹介してみたいと思う。