コリドラス水槽の小変更

コリドラス飼育記

コリドラス水槽を小変更した。

 

 

ざっと変更点をまとめると、

  • 底床にれき(Sサイズ)、ナチュラルグラベルリバー(L)を追加
  • フィルター(エーハイムエコ2236)のメンテ
  • 向かって左側シャワーパイプの変更(穴を大きくする)
  • 流木の位置変更
  • 湧き水箇所の位置変更
  • リシアベース追加

といったところ。

冒頭の画像のように水流で底が捲れる場所があったので、それを隠す事をメインに、コリ達がより隠れやすく、そして活動しやすいよう流木等の位置を変更した。

 

この部分にはれき(S)を追加

 

田砂がめくれる原因は主に水流。ここはれきを敷き詰めただけでなく、シャワーパイプを加工して水流を弱くする事で対応した。

ちなみに全体像はこんな感じだ。

 

 

左側の流木を水槽左側の縦に配置し、この流木のあった場所に土管を移動。そして土管のあった場所にリシアベースを追加し、隠れ家を増やす事にした。

ところで、このリシアベースはコリ達には好評なよう。

 

 

ウィローモスを入れているが、下は隠れ家、上も隠れ家や遊び場になったりと、この水槽になくてはならない存在となっている。

 

また、湧き水箇所は土管前に配置するようにした。

 

上から見た湧き水箇所

 

移設した事に深い意味は無く、単に全体のバランスを考慮しての事だ。

それと流木のミクロソリウムも良い感じに繁ってきたので、以前のコリ水槽の雰囲気にかなり近づいてきたように感じる。

 

 

これでコリ達もさらに落ち着いてくれるんじゃなかろうか。

・・・などと思っていた矢先、なんとステルバイが産卵してしまった。

 

 

メンテ翌日、モフチョの奥方がステルバイのTポジションを確認したらしく、その後、水槽側面に何個か卵が産みつけられていた。

とりあえず3個の卵を産卵箱に回収したが(他のは食われたらしい・汗)、今度は恐らくは有精卵。

うまく孵化するかは何とも言えないが、これはこれでまた良いネタが出来たと思うので、変化があったらまた記事にしたいと考えている。

関連記事