久しぶりのコリドラス迎え入れ

コリドラス飼育記

コンコロールの死から迎え入れを控えていたコリドラスだが、久々に2種類を迎え入れた。

 

 

今日は車の12ヶ月点検がてら、都下にあるP店に足を運んだ。

というのも昨日、その店のHPでたまたま見かけた『コリドラスsp タイガー』なるコリが気になっていたので、「縁あらば〜」と考えていたから。

また、幸いにして今日は気温も低く、コリの輸送には絶好のチャンスとも考えていた。

……しかし、実際に迎え入れたのは別なコリとなった(笑)

まずはガラナV

 

 

古くからP店にいたコリで、昨年末に足を運んだときにもその姿を確認していたが、どうやらこいつが最後の1匹になった。ちなみに今飼っているガラナspと同じ便で来たコリである。

ただ、よくよく見ると尾ひれが少し欠損していたので、その事を店員に話すと「最後の一匹ですし、値引きしますよ」との返事があり、即迎え入れを決めた。

お次ぎはこれ。

 

 

ずっと欲しかったポリスティクタス

同店ではパンタナル便のポリスティクタスが大量にいたが、それとは別の水槽に3匹程泳いでいたのを発見。ただ、その水槽には名前と値段が書き出されておらず、それぞれを店員に確認してもらったところ、こちらは別便のポリスティクタスで、これもガラナV同様、長期在庫のコリらしいとか。

値段はパンタナル便のポリスティクタスよりも高かったが、状態はこちらの方がずっと良く、3匹まとめての購入を決めると、なんとパンタナル便ポリスティクタスと同じ値段にしてくれた。随分と気前のいい話である。

ところで『コリドラスsp タイガー』だが、状態はまずまず良かったものの、思っていたよりもずっと大きな個体だったので迎え入れを断念。ちなみにペルーボンディにとても良く似たセミロングノーズのコリだった。

そんなわけで2種類、計4匹のコリを迎え入れたのだが、

 

 

今回はいつもより入念にトリートメントを行う予定。

コリの状態は申し分無いが、いい加減イカリムシ騒動には巻き込まれたく無いので、今回は「石橋を叩いて渡る」気持ちでいる。

関連記事