名の無き長老コリドラス

同時期に迎え入れたデルファックス、シクリは既に旅立ってしまったが、このコリは今も元気一杯だ。

 

 

コリドラス水槽の最長老(2001年に迎え入れ)でもあるこのコリには、実は正式な名前が無い。販売名は『セミロングノーズsp』。

以前はロングノーズメラニティウスと冠した時期もあったが、このブログで「ジュタイでは?」というコメントを頂戴してからは、「ジュタイsp」と冠するようにした。言われてみれば、確かに後者の方が酷似している。

また、このコリは「吻」の形に特徴がある。セミロングノーズでありながら、俗に言う「ドンキーフェイス」になっているので、もう何のコリだか見当がつかない。

ただ、このドンキーフェイスは後天的な問題(孵化直後?)からそうなるものらしく、総合的に判断すれば、やはり「ジュタイ」である可能性が高いように思う。

……と、突き詰めればちゃんとした立派な名前があるのだとは思うが、モフチョ家ではこのコリの事を、販売名から単に「セミ」と呼んでいる。そう、迎え入れたその日から。

そんな、気が付けばコリドラス水槽の生き字引的存在になってしまったセミ。今も後進の指導に精を出してやまない(ような気がしている・笑)。