ポリスティクタスとガラナV、その後

先日迎え入れたポリスティクタスとガラナVだが、順調に馴染んでいるようだ。

 

少しずつ発色してきたポリスティクタス

 

今回はトリートメント期間が長く、また、迎え入れ時から色抜けしていたので、どのくらいで色が戻るのか少々不安な部分もあったが、とりあえずはいい具合に発色しているようだ。

ただ、そんな事から種の判別には一苦労している(汗)

冒頭の画像のポリスティクタスは、頭部に黒いシミのようなものがあるので割と簡単に判別できるのだが、残りのポリスティクタスとガラナVの判別が困難を極めている。

 

 

この画像の上はポリスティクタス、下はガラナVだとは思うのだが、目を凝らしても違いが今ひとつ解らないのだ。

そういえばこのコリ達を選ぶ際、店員が

「多分、きっと……ポリ?ですね」

と首を傾げていたし、そのショップの通販ではガラナVが複数いたので、もしかすると……。

そんな事はさておき、ガラナVには尾びれの欠けがあったのでそれを頼りに判別しようとしたが、この欠けは既に完治したらしく判別不能。もう、どうすればよいのやら(大汗)

 

 

(久々に)だが、それがいい。

成長すればそのうち違いも解るだろうし、皆が元気にもふってくれるのであれば……それが何よりの馳走になるなのだ(笑)