シクリ、逝く

コリドラス飼育記

朝起きると、ずっとぐずついていた空が嘘のように晴れ渡っていた。

 

在りし日のシクリ(画像中央)

 

コリドラス水槽三大老の一匹、シクリが逝ってしまった。

モフチョのところへやって来てから9年目。元から今とそう大きさの変わらない個体だったので正確な歳は解らないが、比較的長生きしてくれた方だろうか。

無くなりはしなかったが、身体の赤斑も広がる事無く、前日まではおやつにあげた赤虫も食べていた。ややヘロヘロしながらもしっかりともふってくれていたのだが、感染症と度重なる薬浴のダメージは相当なものだったのだろう。

「薬浴が無ければもう少し生きてくれたのかもしれない」

と思うと、少しだけ後悔の念がモフチョを襲った。

とにかく長い間お疲れさん。あの世でもお元気で・・・。

関連記事