青コリ(大)、死す

青コリの大きい方が死んだ。

 

 

異変に気付いたのは約10日ほど前。頬にできものができた青コリと入れ替わる形で薬浴を開始した。

 

 

この画像では解りにくいが、目の後ろ側が白くなっていた。そして、このコリを掬う時、思っていたよりも深刻な状態だった事に気付く。

コリを掬うのはかなり至難な業なのだが、この青コリは少しも逃げる素振りを見せず、いとも簡単に掬えてしまったのだ。

さらに、プラケースに移した途端に「きりもみ」をし始め、その後すぐに横たわってしまった。

もう長くは無いと思いつつも、0.2%の塩浴とグリーンFゴールドリキッドを規定量の1/3ほど投入して様子を観る事に。その後は一時的に身体が起きたり横になったりを繰り返し、白い部分は徐々に大きくなっていった。

そして今日の朝、10日間にもおよぶ闘病生活に幕を閉じた。白い部分は最終的には穴が開いたような状態になっていた。

あまりにも成長が早く、また、その体型からこのコリまの事を、精一杯の愛情を込めて「ピザ」と呼ぶようになった。

このピザの死亡時の体長は8.5cm。気が付けばこのコリ水槽の中で一、二を争う大きさにまで成長していた。ちなみに迎え入れたのは約2年前で、その時の体長は4cm弱ほど。それを考えると少々異様なスピードで成長していたような気がしないでもない。

 

ところで同時期に迎え入れたコリ達は、体質的にいくつかの問題点がみられる。

先日記事にもしたように、もう1匹の青コリも頬にできものができ、赤コリの1匹はかれこれ二度程調子を崩している。そして白コリの段平は片目が欠損していたりと、大量生産(商業ブリード)の弊害のようなものがあるように感じられる。

基本的に青、赤、白の各種コリは丈夫な種ではあるが、これらのコリは主に東南アジアで大量にブリードされているので、遺伝的な問題を抱えた個体(奇形等)が少なからず出回っている。

また、安易に大量生産されている事からどのショップでも乱雑な扱いをされており、健康面に問題を抱えたまま販売されるケースも多く見られ、時に短命な個体に遭遇してしまう。

振り返ればこのピザも体型が少々いびつな個体だったので、決して「肥えた」個体ではなかったのかもしれない。もしかすると先天的な内臓疾患を抱えていた可能性もある。故にこのような最後を迎えてしまったのではないかと思う部分も少なからずある。

このピザはコリドラス水槽立ち上げの陰の功労者。

パイロットフィッシュならぬパイロットコリドラスとして迎え入れ、多くの礎を築いてくれたコリなので、いろいろと悔やまれる部分は正直言ってたくさんあるが、その功績を心から讃えると共に、心から冥福を祈りたいと思う。

 

在りし日のピザ

 

ピザ、あの世でもお元気で。

よく読まれている記事