やっと撮れた

コリドラス飼育記

最近はブログの画像を撮影するのに手を焼いているが、やっとマトモなコリの写真が撮れた。

 

 

モフチョ家コリドラス水槽では比較的新参者のコンコロール。だが、ガッシリとした体格とその色合いから存在感はピカイチだ。

このコンコロール、コリを飼い初めの頃に一度飼ったことがあるが、その時は残念ながら2年ほどで死んでしまった。見た目によらず、導入初期は結構デリケートな部分があるのかもしれない。

実際、このコンコロールは6月頃に2尾買ったのだが、1尾は先週突然死んでしまった。モフチョ家自身の引越しを挟んだのでそのストレスがあったのだろうか。死ぬ前日までは何事も無く餌を食ってモフっていたのだが・・・。

ちなみに死んだ個体には腹の上の方に小さな穴が開いていた。恐らくはエロモナスだろう。やはり人間には解らないストレスがあったのかもしれない。何かサインを出していれば病気にも気付いたのだろうが・・・無念だ。

もう1尾のコンコロールは今の所すこぶる快調。

わんぱくでもいい、逞しく育って欲しい(ってCM、昔あった気が)

関連記事