緊急事態!!

コリドラス飼育記

日曜はのんびりと水槽を眺める予定だったのだが・・・。

 

 

眺める機会が多いのは、やっぱり新規(8月末)に立ち上げたコリ水槽。

されどここまでオガワエ、コンコロールの死があり、そして間もなく10年選手となるシクリと、パイロットフィッシュとして入れた赤コリが立て続けにエロモナスに冒されたりと、順風満帆とはいかないのである・・・。

幸いにしてシクリと赤コリのエロモナスは完治したのだが、3日の日曜、とんでもない事態に遭遇する事となった。

そのとんでもない事態とは・・・寄生虫(イカリムシ)の発生である。

まずエロモナスから復帰した赤コリのヒ尾びれにイカリムシを確認。次いで青コリ、パンダ、コンコロール、ワイツマニィにも寄生している事を確認した。(コンコロールの写真を撮る時に気付くべきだった・・・猛省)

一応、水槽に入れる前には簡単なトリートメントはしていたのだが、それが足りなかったのか、果ては立ち上げ時に入れた水草類に付着していたのか、イカリムシの混入ルートは今も断定できないでいる。

が、そんな事を考えている暇はない。即座にこの駆除に乗り出す事にした。まずコリ達の薬浴。そして水槽のリセットだ。

ようやく落ち着いて来たこの時期にリセットするのは正直気が向かなかったし、コリの寄生虫問題は話しには聞いていたが、恥ずかしながらモフチョは初めて経験することでもあるので、不安だらけの中作業を進めることになった。

・・・と、日曜はその作業に追われっぱなし。

その甲斐あってか4日の朝には、生体に寄生するイカリムシは確認されなかった。コリ達も薬浴を無事に乗り越え、通常通り餌も元気よく食べてくれた。薬浴による色抜けは仕方無いにしても、状態自体は問題なさそう。

そして仕事から戻り、再度コリの状態をチェックした後4分の1ほど水換え。これからも気は抜けないだろうが、とりあえずは一息つける状態になった。

今回のイカリムシ云々の話しはまた改めてするとしても、コリ水槽の紹介はもう少し先になってしまうかもしれない。ブログを始めたとたんこれだ、参った参った・・・ orz

関連記事