ショップでコリ購入

コリドラス飼育記

前回のショップ巡りの際、嫌な思いをしてケチがついたので、今日は口直しするという意味で違う店に行って来た。

 

 

今日行って来たのは都下にあるPという大型店。以前にはよく足を運んでいたが、引っ越してからはとんと足が遠のいてしまった店。幸い、今日は時間が取れたので紅葉見物(自宅から山を二つほど越えるので・笑)がてら行く事にした。

お目当ては特に無かったが、状態の良いコリでもいれば・・・と考えていた。というのも、新たに迎え入れたコルレアのうち一匹が急激にやせ細って死んでしまったから。

ちなみにコルレア(ブリード)は、2回とも某所から通販で比較的小さめの個体(約2cm)を購入したもの。値段の安さに釣られたってのもあるが、こうも立て続けに死なせてしまったとなると、飼育自体に問題があるのかと深く考え込んでしまった。

アドルフォイ、ワイツマニィも同じくらいのチビコリだったが、こちらは順調に育っているのに・・・。コルレアは思っていた以上にデリケートなのだろう。

P店に到着してすぐにコリを見た。

そこでも同じようなコルレアを沢山目にしてしまった。痩せている個体がやたら多い。P店で買った個体ではないとは言え、ブリードものの個体が故、もしかするとどこも似たような感じなのかもしれない・・・。

もし、店頭でこういうのを見ていたら買う気にはならなかったかもしれないが、それはモフチョの責任。通販と言うデメリットを考慮しなかったのが悪いし、もう少しこの個体について下調べをするべきだった。猛省。

・・・せっかく貴重な時間を割いて来たのだから、くよくよしても仕方無い。その後は気持ちを切り替えてじっくりとコリを観察した。

P店の魚の状態はピンキリだが、十分売り物になるレベルなので文句は無い。

さすがにコルレアは無理だと感じたが、まずまず良いコリが出揃っているといった感じ。前回、別な店で地獄絵図を見せつけられた後だから、どのコリも状態良く見えてしまうから困ってしまう(苦笑)

そうこう見ているうちに、ものすごく状態のいいコリに出会ってしまった。

 

 

そのコリはシクリ

店内は撮影禁止なので写真は撮れなかったので、家に持ち帰ってから撮影したものになるが、本当に状態が良かったので思わず買ってしまった。しかもシクリとは・・・何か縁を感じてしまった。

聞けば夏頃に入荷した個体との事なので、今では水槽環境にも慣れているし餌食いも人工飼料、赤虫とも抜群とのこと。シクリの入った水槽はどの個体も状態が良かったが、スポットの濃い目のものを選んでもらった。

他にもバデリ(ブリード)、ガラナSP(冒頭の画像)を購入したが、入荷してからみな数ヶ月はいるそうなので、シクリ同様とても状態が良く、満足のいく買い物が出来たと思う。

やっぱり実際に見て買うのは気分がいいもんだ。

関連記事