嗚呼、とてつもない勘違い…

コリドラス飼育記

先日のコリ確認の際に一番苦労したのが、去年の8月7月に迎え入れたポリスティクタスガラナVの判別だった。

 

この画像にはガラナV、ポリスティクタスが映るが……

 

結論から先に言うと、モフチョは重大な勘違いをしていた。

今までポリスティクタスと呼んでいた個体をガラナV、ガラナVと呼んでいた個体をポリスティクタスと間違って認識していたのだ(大汗)

どうしても迎え入れ時のイメージが先行してしまい、これら4匹のコリの名前をごっちゃにしていたのだが、先日になってようやくその間違いに気付いたので、改めてこれらのコリを紹介してみたいと思う(汗)

 

まず、迎え入れ時の様子から。ポリスティクタスAはこの個体である。

 

 

3匹の中で一番大きいのが一番の特徴だった。

 

次いでポリスティクタスB。

 

 

大きさはAよりも小さくCと同程度。また、AとCと比べた場合やや赤みが強いのが特徴的だ。

 

そしてポリスティクタスC。

 

 

ポリスティクタスの中で一番特徴的だったのがこのC個体。頭部に黒いシミ模様があり、体高はA、Bよりも比較的低く、シャープな印象を受けた。

 

で、最後にガラナV。

 

 

ポリスティクタスに比べるとスポット模様がほとんど見られず、吻から頭部にかけての曲線に特徴が。この時点での大きさはポリスティクタスAとほぼ同じ。また、迎え入れ時はすぐに判別出来なかったので尾ひれの「欠け」で判別していた。

上記はいずれもトリートメント中のものなので各個体とも色飛びしており、当時は色ではなく大きさで種類を判別していた。

それから程なくして、発色し始めのポリスティクタスとガラナVの事を記事にしたが、その時点ではきんちと認識していたように思う。

 

ポリスティクタスC
ポリスティクタスAと思われる個体

 

上記2匹はポリスティクタスだが、上の個体は頭部のシミからポリスティクタスC、下の個体は大きさ的にポリスティクタスAと思われる。

 

ガラナV

 

 

また、このコリをガラナVとして認識していたが、この時点では半信半疑な部分があったが、本水槽投入から約2ヶ月に書いた記事では、ポリスティクタスとガラナVをごっちゃにしていたので、訂正させていただいた。

これが…ポリ? そこにいるのは、ガラナV?

といったわけで、ここにきてようやく8月に迎え入れたコリ達の判別ができるようになった(大汗)

しかしまあ、迎え入れ時に他のコリより大きかったガラナVが、今では一番小さくなってしまった。

それだけポリスティクタスが成長したという事なのだろうが、本当にコリって魚は奥深いもんである。

関連記事