謎だった亡骸の正体は…

コリドラス飼育記

年の暮れに発見した正体不明の亡骸。どうしてもその持ち主を探すべく、再度確認する事にした。

 

流木等の一時撤去で確認はしやすくなったが……

 

今回は水換え、そしてミクロソリウムのトリミングを兼ね、水槽内にある装飾品を全て取り出してから確認作業に入った。

まずはモフチョ自身で数を確認する。

模様の似ているジュリィ、ダイジョウブダエ、なかなか表に出て来ないレティキュラートゥス、すばしっこいザンガマ、セミロングノーズスポットバーゲシーなどなど、この日も徹底的に調べ上げた。

 

隅に固まってくれると数えやすい

 

その間、クサ子はこのブログ記事をチェックしながら「◎◎◎は2匹いる?」と怪しいと思ったコリの名をランダムに挙げ、その都度モフチョが確認。最低でも一種のコリを2回はチェックするようにした。

……しかしながら数に相違は無し。やはりどこをどう数えても間違いが無いのだ。

現時点での数に相違が無いと言う事は、

 

仮説1 迎え入れ時の数に誤りがあった

迎え入れ時、例えば2匹の所を3匹迎え入れてた等、その数を勘違いしていたかもしれないが、その都度ブログにて記事にしていたし、何か変化があれば設置水槽カテゴリに記載しているので、この可能性は限りなく低いと思われるのだが…。

 

この説しか考えられなくなってしまう。

確かに迎え入れ時はその都度記事にしていたが、このブログを始める以前にいたコリに関しては記憶が定かでは無い部分がある。

で、ブログ開設直後のコリドラス水槽紹介記事を確認すると、ポタロエンシスの迎え入れ時の記憶だけが唯一思い出せなかった。

ちなみにポタロエンシスは現在2匹がおり、上の記事紹介でも2匹がいる事になっているが、これをもし3匹迎え入れていたものとすれば、あの亡骸はこのコリのものと言う事になる。

無論、この説にも疑問は残る。

仮に記事紹介の時点で3匹がいたとしても、その後2回リセットを行い、さらには水槽のサイズ変更を実施しているのだから、その時点で数の異変に気付くはず。これはこれで釈然としない気持ちはどうしても芽生えてしまうのだ。

かといってこれ以上話を突き詰めても、今いるコリの数に変化は現れないのだから「あの亡骸はポタロエンシスのもの」という事で話を終わらせるしかない。

もっともこの一件は、違う角度から考えれば「飼育の怠惰」から生じたわけなので、死んだコリの正体云々を言う前に猛省する必要はある。水槽飼育はちょっとした管理ミスが命取りになるのだから……。

時代劇のように「これにて一件落着」とはならなかったが、改めてあの亡骸の持ち主の冥福を祈りたい。

関連記事