パンダと青コリ、順調に育成中

コリドラス飼育記

先月ホームセンターで買ったパンダと青コリ。プラケースで育成中のチビコリ達と共に順調に育っている。

 

こころなしか良い顔つきに

 

迎え入れてからはや一ヶ月が経過。画像は少し前のものだが、今ではどの個体も肉付きが良くなりとても健康な状態でいる。

 

色がやや薄いのはプラケース飼育のせい
青コリも程よく育っている

 

問題は本水槽への投入時期だが、もうぼちぼちその頃合いになったんじゃないだろうか。

先に投入した段平のチビ達も皆順調に育っており、また、セミロングノーズ系のコリを第2コリドラス水槽に引っ越しさせた事もあり、チビ達もそうストレスは受けないはずだろう。これは近々行う予定だ。

それと、同じプラケースで育成している、フィルターで発見された段平のチビ達だが、こちらも立派になってきている。

 

やはり父親はベネズエラオレンジか?

 

正直、プラケースでは少々手狭に感じるほど活発で元気。で、アルビノ個体以外のチビは思い切って小型魚水槽に合流させようと考えている。

先にコリドラス水槽へ投入したチビ達も当初はその予定だったわけだし、今後のプランの事を考えるとそうした方が何かと都合が良いから。

投入先での混泳がやや心配な面はあるが、先のチビ達から推測するにこのチビ達もとても頑健なコリだと思うので、混泳についてはそれほど神経質になる必要は無く、また小型魚水槽のキャパも、8匹程度のコリが増えてもなんら問題は無い状況なので、こちらも近いうちに合流させる予定だ。

関連記事