激もふ、セミロングノーズ

コリドラス飼育記

セミロングノーズ、大型種が主体の第2コリドラス水槽。ここの餌やりタイムは中々に激しい。

 

 

この水槽のコリを撮影する場合はちょっと面倒(汗)

ちょっとでも近づくと蜘蛛の子を散らすように逃げるので、じっと息を殺して待つか、少し離れた所からズーム撮影するしか手段がない。

 

 

今年の2月に立ち上げたこの水槽もすっかりと落ち着き、初めての夏もなんのトラブルも無く乗り切りそうだ。

もちろん各コリ達の状態もすこぶる良く、中でもマツザカエがいい雰囲気を醸し出すようになった。

 

 

迎え入れから一回り大きくなり、尾の付根が見事に発色してくれたのでとても見応えのあるコリになってくれた。マツザカエはニューバイオレットとも呼ばれるが、その所以がよくわかる。

第2コリドラス水槽をはじめ、ここのところ新顔の迎え入れがとんとご無沙汰だが、これから涼しくなったらぼちぼち新顔を迎え入れてみたいと思う。

関連記事