バデリ、死す

2匹いるバデリの1匹が死んでしまった。

 

死ぬ3日前のバデリ

 

夏を迎える少し前ぐらいから動きが緩慢になり、餌を食べても少しずつ痩せていく感じだったので、もう寿命なのかと考えていた矢先の出来事だった。

 

晩年はミクロソリウムをもふる機会が多かった
もふる動きもスローだった

 

死ぬ三日前、あまりにも身体が透き通っていたことに驚いたモフチョは、何枚か写真を撮っていた。

トランスルーセントグラスキャットとまではいかないが、コリでここまで身体が透ける個体は今までお目にしたことがなかったから。

 

うまく撮れなかったのが残念

 

モフチョ家にやってきてから3年足らずの個体だが、ショップで長期飼育されていたところを迎え入れたコリなので、寿命は寿命だったのだろう。

当初はひ弱なイメージさえ抱いていたバデリだが、実際に飼ってみるととても丈夫で、コテコテとしないスマートさが魅力的なコリだった。

残る1匹はまだまだ元気だが、それほど長生きするタイプではないと感じているので、しっかりと面倒をみてやりたいと思う。

バデリ、あの世でもお元気で。