汚れてきたロングノーズアーク

コリドラス飼育記

最近、個性的になってきたLNアーク。

 

 

上のアークは一番オーソドックスな個体。体側にシミが入らず、一番「らしい」個体のように思う。

お次ぎはこいつ。

 

 

3匹のうち一番小さい個体。体側がうっすらと汚れてきているのが特徴。

少し前までヤル気を見せていた♂がこいつなのだが、最近はどうにも大人しくなってしまった様子。世の中そう甘くは無い、ということなのだろう。

最後はこの個体。

 

 

日並みによってもっとハッキリとシミが浮かび上がることもあり(特に朝方やエサやり直後)、その時は別物のように見えることも。推測の話しだが、他の2匹よりもLNアークとしての純血度合が一番低いのかもしれない。

……と、それぞれの顔を持つ第2コリドラス水槽のLNアーク達。これからどんな顔を見せてくれるのか、まだまだ楽しみは尽きない。

関連記事