もう一人前、小型熱帯魚水槽の白コリ達

コリドラス飼育記

外部フィルターから出て来たチビコリ達も、今や一人前のコリドラスである。

 

 

あまりの数に、急遽小型熱帯魚水槽に投入する事が決まったわけだが、ここまで死んだのは2匹のみと、皆順調に育っている。

 

フォーメーションを組む白コリ達

 

単種飼育のせいなのか、この水槽のコリ達は皆とても活発だ。

団子になって激しく遊ぶ姿は、見ていてとても微笑ましいものがある。隣に設置してある第1コリドラス水槽にいる母親、白コリの段平も胸を撫で下ろしている事だろう。

 

子供達の成長に満足する母親、段平

 

ちなみにこの仔らを産んで以降、段平は何度か産卵をしているが、モフチョはあえて放置した。なぜならば、これ以上数が増えてしまうと水槽を増設しなくてはなならないから。

面倒を見てやりたいのは山々なのだが、さすがにこれ以上水槽は増やす事は……現状で既に手一杯なのだから、その都度段平には詫びを入れてきた。

 

「ああ、その辺の事情は私も解っとるよ。その代わり、きちんと隣の子供達の面倒を見てやっておくれ」

 

ドン・モフチョ「了解です、段平母さん。なので、これからも長生きしてやってください」

 

肝っ玉母さんここにあり、である。

関連記事