赤虫もふもふターイム!! のはずが……

コリドラス飼育記

おやつに赤虫を与えると、コリ達はいつにも増して激しくもふってくれる。そんなわけなので、その様子をカメラに収めようとしたのだが……。

 

シーン……(映っているのはスーバーエクエス)

やはり上にカメラがある事を警戒しているのだろう、なかなか表に出てきてくれない。

で、仕方無くカメラを引っ込め、もふり始めたところで再びカメラを構えるが、

 

シーン……(映っているのはジガータスとアルビノステルバイ)

 

ほとんどのコリが蜘蛛の子を散らす様に逃げて行ってしまう(汗)

そんな時、コリ達はどうしているのかと言うと、

 

リシアベースの下からこちらの様子を伺うコリ達……

 

リシアベースや流木の物陰で、絶えずこちらの様子を伺っている。もう少しサービスしてくれよ、コリ達。

そんなわけで第1コリドラス水槽の撮影を断念しようかとする時、なんとあの「レアキャラ」が姿を見せてくれた。

 

久しぶりに見たクーリーローチ。随分と肥えているようだ

 

それはクーリーローチ。流木の脇からニュルンと出てきてくれたのだ。なんと飼主思いの魚なのやら。

これに気をよくしたモフチョは、続けて第2コリドラス水槽の赤虫タイムの様子を撮影することに。

すると、

 

シーン……(そっぽを向いてるのはロブスタス)

 

こちらも同様だった(大汗) SLN達の方がより警戒心が強いので、これはまぁ仕方なしなのだろう……。

それでも渋太く待ち構えていると、

 

何故か皆カメラ目線。警戒しながらもふっている模様

 

なんとか数匹のもふもふタイムを収める事ができた。

それにしても、カメラを向けていない時はものすごく元気にもふっているのに、なんなんだろう、この温度差は。そんなにカメラが嫌いなのか!?

まあ、警戒心が強いという事は悪い事では無い。それだけ本能が「シャキン!!」としているのだろうから、状態面はそれに比例して良いという事になる。

それでも、それでもやっぱり「激もふ」はカメラに収めたいところ。嗚呼、なんというもどかしさか、コリドラス飼育の哀しさは、こんなところにあったりする。

錦鯉や金魚の様になってくれ、とは言わないが、せめてもう少しサービス精神を身につけてくれたらなぁ(笑)

関連記事