死ぬ直前のコリドラス

コリドラス飼育記

やがて訪れる最期の日。コリドラスはこのような状態になる。

 

 

いわゆる寿命が近づいてきたとき、コリドラスは主に次のような兆候が現れる。

  • 餌を食べても太らない(食べても痩せてしまう)
  • 餌を積極的に食べなくなる(病気の場合もアリ)
  • 泳ぎ方が緩慢になる
  • 目がくぼんでくる
  • 背中、腰が曲がってくる
  • 体色が全体的に黒ずむ

冒頭の画像のコリドラスspイエローフィンは、ワイルド物として5年前に迎え入れたコリドラス。今年で飼育5年目を迎えたワケだが、ぼちぼちお迎えが来る頃合いだろうと思ったのでカメラに収めた。

全体的に色が黒ずみ、色艶が冴えない。さらに吸えば、ヒレ立ちするような元気も無く、この姿を見たモフチョは「持って数日だな」と直感した。

……で、翌日を迎えると

 

 

案の定、死んでしまった。

もちろん、全てが上に挙げたパターンに入るかと言うとそうではない部分もあるのだが、以前にも記事にしたデルファックスがまさにこのパターンに当てはまっていた。

もうすぐ旅立つコリ

飼育者から見ればなんともやりきれない気持ちになるのだが、こればかりは天命として受け取らざるを得ないだろう。

だから、せめて最期ぐらいは穏やかに看取りたいと願わずにはいられない。

たかがコリドラス、されどコリドラスなのだから。

関連記事