赤虫タイムを水槽上から撮影

相変わらず平穏な第1コリドラス水槽。今回はちょいと趣向を凝らして、水槽の上から赤虫タイムを撮影してみる事にした。

 

 

もちろん、コリドラスは上部の物陰にも敏感に反応する。手をかざしただけでビュッと逃げてしまうので、この撮影も困難を極めた(汗)

そんなワケなので、水槽上部でじっと待ち構え、息を殺しながら撮影した。

 

 

上の画像はコリドラス・ラバウティ

こうして見ると、イヤースポットがいい具合に発色している事に気付くと思う。地味ながらも、飼い込むと結構見応えのあるコリになるのだ。

他にも色々と撮影してみようとしたが、上手く撮れたのは冒頭の白コリとラバウティぐらいにとどまってしまった。

後は、適当にパチリとしたものをアップしてみたいと思う。

 

 

ざっと見て、青コリ、ラバウティ、ジガータス、ガラナ、ステルバイ、メリニ、ワイツマニィ、ベネズエラオレンジらが映っている。

こうして見ると、ステルバイが一番胆が座っているように感じた。

いくら赤虫タイムとは言えやはり相応の警戒心は持っているらしく、カメラの持ち方を買えた瞬間、このコリドラス達は蜘蛛の子を散らすように逃げてしまった。

なんというか、やはりコリドラスは撮影には不向きな魚のような気がする。同じように頭を悩ませてる人は沢山いるように思うが、この事がブログの「ネタ」作りに少なからず悪影響を及ぼしているはずだろう(笑)

さて、次はどんな画像にチャレンジしてみようか。これはこれでまた悩ましいものである。

よく読まれている記事