マツザカエ、死す

コリドラス飼育記

第2コリドラス水槽のマツザカエが死んでしまった。

 

 

見た目にこれといった異変はなく、単なる突然死と思いたいところだが、死ぬ前日に地震があった事を思い出した。

地震があったのは5月16日の夜。茨城県南部でM5.6の地震が発生し、モフチョの住む界隈では震度3を記録したのだが、この時、第1、第2コリドラス水槽のコリ達がえらく暴れたのである。

もともとコリドラスは地震に敏感な一面があるので、この時は「いつものことか」と思っていたが、第2コリドラス水槽からはカツンコツンとコリドラス達がガラス面に激しくぶつかる音がしていた。

で、この時に何かしらの事故でもあったのかと考えたのだが……これはさすがにモフチョの考えすぎだろうか。

このマツザカエを迎え入れたのは2013年3月の事。スポット系コリが好きなモフチョと、セミロングノーズが好きなクサ子のいいところどりのお気に入りのコリだった。

 

 

迎え入れ直後のマツザカエ

 

迎え入れてから僅か3年余りで死ぬ結果となったが、こればかりは仕方がないものと思っている。何たって何の異変もなかったのだから。

何はともあれマツザカエ、あの世でもお元気で。

関連記事