各コリドラス水槽トリミング

いい加減ミクロソリウムがボサボサに茂ってきたので、水換えがてら各コリドラス水槽のトリミングを行った。

 

 

というわけで、流木を取り出したコリドラス水槽をチェックしたのだが、なるほど、これはよくコリドラスが観察できる。

 

 

いつもは流木やリシアベースの陰に潜んでいるので、なかなかその状態を把握することができないが、こうすると普段あまり見かけないコリをくまなくチェックできるのが嬉しい。

もちろん、それは第2コリドラス水槽も同様だ。

 

 

こちらの方はよりコリ達の警戒心が強く、餌やりの時以外はほとんどコリ達の姿を拝めることができないので、こういう機会は貴重である。

それでもビビリなコリ達、やはりというか往生際悪く隠れる個体も出てくる。

 

 

上の画像はヒーター下に隠れる第1コリドラス水槽のコリ達で、コンコロール、SNオルナータス、ジュリィ、ステルバイ(自家繁殖)らが隠れている模様。お前ら、本当に諦めが悪いぞ(笑)

このヒーター下のキャパが一杯なので、他のコリ達は水槽の隅っこに群がっていた。

 

 

もう逃げ場はないの悟ったのか、この辺のコリは意外とおとなしくしていた。

で、あまりストレスをかけるのもなんなので、トリミングをさっと済ましてそそくさと水換えを進める。

 

 

すると今度は水流に誘われるかのように隅っこへ集まってきた。可愛い奴らである。

コリドラスにとって隠れる場所は必要不可欠。ただでさえビビリな魚なので、そうしないとストレスを抱えやすくなってしまうからだ。

ただ、隠れる場所を作りすぎてしまうと、今度は観察しづらいといった問題が出てくるので、このバランスを取るのがまた難しい。特にモフチョはレイアウト関係は非常に苦手なので、いつも頭を悩ませている(笑)

 

そんなわけで今回のトリミングも無事に終了。ちなみに、この時のコリ達の様子を動画で撮影してみたので、近々アップしてみたいと思う。

よく読まれている記事