ジュタイ、死す

コリドラス飼育記

今日、コリドラスの最長老ジュタイが死んだ。

 

在りし日のジュタイ

 

ここまで生きてくれたのだから、ただただお疲れ様としか言えない。

 

 

大往生。ジュタイにはそんな言葉が似合う。実に凛々しく、そして穏やかな死に顔だ。

今までいろんなコリドラスと巡り合ってきたが、このジュタイは特別な存在だった。

便宜上ジュタイと読んではいたが、実は名もなきコリドラス(セミロングノーズsp)として売られていたので、モフチョ家では単に「セミ」と呼んでいた。

そしてその名は月日が経つとともに「セミ爺」と呼び名が変わり、数いる魚たちの中でもひときわ特別な存在になっていった。

セミ爺、本当にお疲れ様。どうかあの世でもお元気で。

関連記事