この秋、去りゆくコリドラス達

コリドラス飼育記

やはりというべきか、第1コリドラス水槽、第2コリドラス水槽ともにコリドラスが少しずつ去っていく。

まず第1コリドラス水槽では、カウディマキュラートゥスが死んでしまった。

 

在りし日のカウディマキュラートス

 

2011年の10月にワイルド物を2匹を迎え入れたので、少なくとも7年以上は生きた計算になるだろうか。

ここまで大きな病気もせず過ごしてくれたので、天寿を全うしてくれたように思う。

そして第2コリドラス水槽ではマツザカエが死んでしまった。

 

在りし日のマツザカエ

 

先月に記事にしたように、マツザカエは明らかに老いの兆候が見られたので、こちらもまた寿命だったのだろう。

どちらのコリも「超」がつくお気に入りの種だっただけに、寿命だとわかっていても寂しい気持ちは拭えない。

そうそう、ふと気がつけば、コリドラスに出会ってから30年以上が経過している。もちろん当時から存命のコリはいないが、人生の大半をともに過ごしたコリドラスは、いろんな意味で特別な存在になっているように思う。

新しく迎え入れることはもう考えてはいないが、先日迎え入れたコンコロールとトリリネアートゥスはまだまだチビなので、まだまだ長い付き合いになりそうだ。

カウディマキュラートゥス、マツザカエ、あの世でもお元気で。

関連記事